ストレッチの大切さ


ストレッチには筋肉や関節の柔らかさ(柔軟性)と弾力性を高めて、その動きを大きくする効果があります。

練習前のストレッチでは身体の各部を伸ばすことによって、不用意な怪我が少なくなります。

また練習後のストレッチは縮んでしまった筋肉を伸ばし、柔軟な身体を作ることができ、筋肉の疲労回復を促進する効果もあります。

コンディションを保つにはストレッチは欠かせないものです。

その他にもリラクゼーション効果、リラックス効果も持ってます。

ストレッチをするのに、守らなくてはならない点があります。

①反動をつけてはいけない

反動をつけると筋肉は伸長反射といって急に伸ばされると反動的に縮んでしまう性質をもっているからです。

②ストレッチは30秒以上じっくりやる

筋肉には反応時間というものがあり、30秒以上行ってやっと身体に運動効果をもたらすものだからです。

したがってじっくり伸ばすことによりストレッチの効果が大きくなります。

③ストレッチング感覚です

ストレッチの際に目的の筋肉、関節が(あー伸びてるなあー)

というストレッチング感覚をしっかり感じる事が大切です。

ストレッチを毎日行うことで、肩こりや腰痛も大分、和らぐので運動目的だけでなく是非やってみてください((^^;))

 

肩こり、腰痛でお困りなら渋谷駅徒歩1分の渋谷メディカルボディケア

TEL 03-6427-3838