腸を元気にして若さを保とう


第二の脳とも言われている腸。

腸が元気な人は、脳もボケないと言われています。

腸の働きが食べ物を消化・吸収して便を作るだけでなく、第二の脳と呼ばれるくらい多様な働きを持つことや、

食べたものを消化・吸収し、栄養分を全身に供給します。

いわば健康の発生源です。

体に良いものを摂れば、小腸が栄養分を吸収して体に供給します。

その結果、健康になることができます。

反対に有害なものを吸収してしまうと、、、

腸は病気の発生源となってしまうのです。

乳酸菌をとったり、食事からだけ腸を元気にしようとしても日々の運動をしなかったら、腸の動きもよくなりません。

人間の体は、内・外(食事・運動)から一緒に鍛えるのが最適です。

今日きた患者さんは、便秘がひどい人でした。

施術の後に、食事の話しと日々の腸にきくストレッチ・筋トレメニューも作り教えました。

早く便秘の為だけでなく、腸の働きが活発になるようにがんばりましょうと・・・(^^;)