「怒ると怖い臓器」


「怒ると怖い臓器」

(情報提供:筱田先生)

 

いつもメルマガをご覧いただき誠にありがとうございます。

皆さんに先にお伝えしておきたいことがあるので、この場をお借りしてお話させていただきます。

私は以前より大江戸線の練馬春日町駅の近くで「癒楽整体院~ゆうらく~」という院を細々と経営しておりましたが、渋谷メディカルのメンバーの協力の元で、この度リニューアルオープンいたしました!

ご自宅が近い方、そちらの方がお通いやすい方はぜひお越しくださいませ!

お問い合わせは渋谷メディカルまでよろしくお願いいたします。03-6427-3838

 

さて、今年は暑いですねー。まだまだ暑いですが。。

こんな暑いと運動する気になれませんが、動かないと腹の上のポニョが増えるし、困ったものです。

運動しなきゃ!って、とりあえず腕立て、腹筋、背筋などなどやりますよね。

痩せませんよね・・・

むしろ疲れるだけですよね(笑)

じゃあ走ろかなってダッシュします。
でも痩せないんです。

憎いお肉。

 

そんなことを繰り返して身体を疲れさせてると、静かに怒ってる臓器があります、、、

 


「肝臓」

 

皆さん「肝臓」って聞くと真っ先に「アルコール」というワードが連想しませんか??

実は肝臓にとって、アルコールはたいしたことないんです。

※肝臓には500個くらいの仕事があると言われていて、本当に一生懸命働いてくれています。

 


肝臓を他のものに例えて言うなら、「化学工場」。

 

色んな物質を他のものに変えます。

例えば筋肉が疲れると乳酸ができますよね?

こんな疲労物質は溜めておいてもいいことないので、肝臓が違うものに変えてくれます。

その他にも、油もの。
美味しいですよね。

でも、取り入れた油分はほっといても身体に悪いだけなので、それをどうにかしてくれるのも、肝臓。

お酒やニコチンももちろん毒物ですが、薬なんかはもっと毒物なんです。

薬をたくさん飲んでる人は肝臓すごく疲れてるんです。

あとはストレス!活性酸素!
とか色々な身体に悪いものを肝臓がなんとかしてくれてます。

このように、日常生活で毎日毎日がんばってくれてるのです。

 

肝臓は静かに疲弊していきます。
「沈黙の臓器」と言われるほどに。

 

そうするとホルモンバランスが崩れたり、余計に疲れやすくなったり、病気になりやすくなったりするんですね。

家族で例えると「母親」ですね。

お母さん、毎日黙って(?)色んな家の仕事をこなしてくれてます。

でも日々蓄積してます。

母親(奥さん)と肝臓は大事にしましょう。

怒ると怖いですよ。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

皆さん、こんばんわ、渋谷メディカルの石崎です。

最後に一つだけ補足させてください(笑)

運動をしたらちゃんと痩せますから、継続してください。

彼が痩せないのは継続しないで、お酒を飲むからです(笑)

ではお身体を労わって、たまには整体で整えてください。


>>国家資格者の整体コースがおすすめです。

 


>>筱田先生の紹介はコチラ

 

>>関連の次の記事を見る:【自律神経の意味知ってますか?】


>>関連の前の記事に戻る:「イメージで変わる運動の効果!」


>>「恐ろしいチェーン店の実態とは?」


>>あなたはお店選びでこんな間違いをしてませんか?