「整体とは本来どのようなものなのか?」


「整体とは本来どのようなものなのか?」

(情報提供:伊藤先生)

お疲れ様です。

渋谷メディカルの石崎です。

今日は、渋谷メディカルの施術スタイルに関係することを伊藤先生にお話し頂きます。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

前回は「整体=痛い、ボキボキ」というイメージが一般的にあるとお伝えしましたが、それはごまんとある施術方法のひとつでしかないのです。

整体の基本施術とは、触れる・ゆらす・なでる・さする・圧する・引く・とどめる・回転などを組み合わせて「手」によって行います。いずれも基本的には微弱な刺激です。

 

按摩マッサージ指圧師の世界大会でも、上位に入賞する人は強く押す事はしないそうです。

皆さんもお腹が痛いときは無意識にお腹をさすりませんか?強く押す人はまずいないはずです。

人間は本能で弱い刺激が有効な事を知っているのです。

 

ちなみに、最近のニュースで新たに「間質」という臓器が発見され話題になっていますが、これは細胞と細胞の間の事で、そこには隅々まで体液が存在しています。

 

そこに微弱な刺激を加えると血管の拡張や免疫が活性化する事まで研究されています。

整体が行なっているのもまさにこの間質の循環を高める行為でもあるのです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

だからもし、整体に痛いイメージを持っている人がいたら、渋谷メディカルの整体を受けていみてください。


>>渋谷メディカルの整体を受けてみる

 


>>関連の次の記事を見る:「整体とプロポーション②」


>>関連の前の記事に戻る:「潜在意識という思い込みの恐ろしさ」


>>「恐ろしいチェーン店の実態とは?」


>>あなたはお店選びでこんな間違いをしてませんか?