「医者ですら信用してはいけない事例」


「医者ですら信用してはいけない事例」

(情報提供:筱田先生)

 

私が昔体験した話です。

ある日、突然首が回らなくなってきて、なぜか首に腫れっぽいのが出てきて痛いなーと思ってました。
そしたらそのあとじわじわ高熱が出て、節々と内臓が痛い。
風邪っぽいけど普通の風邪じゃないくらい高熱で、インフルエンザの時期でもないし、なんか首が尋常じゃなく痛い。
しかも熱39℃超え。

とりあえず近くの町医者に行ってみる。

問診して喉をみて心音聞いていただきました。

そして医師がいうには

 


Dr.「風邪のようなので抗生物質と熱冷まし出しておきますね。」

 

自分「でも首が腫れたり熱の感じとか尋常じゃなくて、なんか普通ではなさそうなので、もう少し詳しく診ていただけないですか?」

Dr. 「んー、とりあえず抗生物質を1週間飲んでみて、ダメだったら考えましょう。」

自分「・・・」

(抗生物質ってとりあえず飲むものなんですか!?ダメだったらってなに!?)ということは言わず、薬ももらわず退散しました。

こりゃダメだと思い、総合病院に行って、何時間待ったかわかりませんが、内科の年配の先生が診てくれました。

そしたら、「うちの設備だと詳しく診れないから大学病院を紹介します。原因がはっきりわからないので、薬はお出ししません。」とのこと。

大学病院に行き、幸い紹介だったため、すぐに診ていただくことができました。

いやしかし、検査の早いこと。

すぐに結果が出ました。
私この時点で大分感動してました。
医師、看護師、検査技師の方々の手際のいいこと。

 

結果としては、免疫が弱ってるときにウィルス感染する病気だったらしく、肝機能が落ちたり首が腫れたり高熱が3-5週間続くのだそうです。

そして治す方法は、
「自然治癒力のみ」だそうです。

 

なので、医師は薬が意味ないことと、水分だけはとって肝臓に負担かけないよう数週間安静にするしかないことを伝えてくれました。

そして、

「心配いりません、ちゃんと治りますよ。」と一言。

本当に安心しました。

まあ1ヶ月もの間、内臓痛いしろくに食べ物も取らず首も痛くて高熱で過ごしました日々は地獄でしたが(笑)

 

医師いわく
「これで抗生物質なんて飲んでたら逆に肝臓に負担をかけて危険だったかもしれません。」
とのこと、、、
 

ここで言いたいのは、割りと「整体」も同じなのではないかなということ。

正直どこにいったらいいかわかりませんよね?

でも体が辛くて、治したくて行ってても、「とりあえず揉む」「原因わからないけど、とりあえず骨鳴らす」みたいなことをやられてるのと同じなのではないかなと思います。

整体を選ぶときは、「検査をして、ちゃんと原因を見極めて、解決策の提示、そして治癒までの道のりを導いてくれる。」そんなお店であることが前提かなと思います。

我々も一層がんばってまいります。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

皆さん、こんばんわ

渋谷メディカルの石崎です。

まさか、医者ですらこんな適当なマニュアル診断をしている場合もあるんですね。。

まさにマッサージは即命にかかわらないだけで、こうやってとりあえずマニュアル施術で揉むみたいなことが横行していいます。

身体を触る以上はどんな形であれ、身体に影響があります。いい影響を与えるのも悪い影響を与えるのも皆さんの知識が問題になってくるでしょう。

だからこれを読まれている皆さんは十分気を付けてください。


>>「恐ろしいチェーン店の実態とは?」

 


>>筱田先生の紹介はコチラ

 

>>関連の次の記事を見る「エラ張り解消法!」


>>関連の前の記事に戻る:【リラックスして自律神経を整える】


>>関連の前の記事に戻る:「ニキビの改善方法」