「※要注意※ あなたのお子さんは大丈夫ですか?」


「※要注意※ あなたのお子さんは大丈夫ですか?」

(情報提供:筱田先生)

 

お疲れ様です。渋谷メディカルの石崎です。

本日は注意するべき、お子さんの姿勢に関して筱田先生からお話いただきます。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~

お子さんをお持ちの親御さんに気を付けていただきたいことがあります。

それは「座っている時の足の状態」です。


お子さんが座っている際に、背中を丸めて顎を前に突きだしていませんか?
それってとても危険な姿勢なんです。

 

その子の足元を見てみてください。

足が床から浮いた状態で、ぷらぷらしてませんか?

足が床にしっかりついていないと、骨盤が立たず背中に力が入らないので丸まり、更には頭の重みを支えられずアゴが前に出て、そうなるとアゴの力が弱り、ちゃんとモノが噛めない体になってしまいます。

本来力が入らなければならないところに入らず、余計なところに力が入ると、必要以上に体力を使うため、若いのに疲れやすかったり、昼間ぼーっとしたり、いつも元気がなくなったりしてしまいます。

臨床では、近年そういう若い子がかなり増えている実感があります。

どんなに姿勢を良くしなさいと言っても、足が浮いてるとできません。
足がプラプラしないよう足元に土台を入れたりしてあげてください。

特に、食事の時やトイレの姿勢です。

成長期の姿勢で、将来が変わってきます。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ということですが、やはり子供のころに基礎ができるのは、心も身体も同じですね。

健全な精神は健全な肉体に宿るということは、最近になって科学的にも証明されているようです。

しかし、子供のころは親が知識をもって良い方向に導いてあげないといけません。

まずは、親御さんであるあなたから正しいお身体の状態を保つ大切さを実感しないと、子供にはまったく伝わりません。


>>お身体の調整・検査は国家資格者の整体で行えます。

 


>>関連の次の記事を見る:「顔が浮腫む・・本当の原因とは?」


>>関連の前の記事に戻る:「あなたの腹筋は足りていますか?」


>>私達はどのように始まったか。


>>あなたはお店選びでこんな間違いをしてませんか?