「無資格のマッサージ店との違いとは?」


「無資格のマッサージ店との違いとは?」

(情報提供:筱田先生)

 

皆さま、お疲れさまです。渋谷メディカルの石崎です。

早速ですが、よくある身体の悩みに関して共有させていただきたいと思います。

この前もマッサージ店に調査がてら施術を受けに行ってきました。ここは初めてのところではなく、比較的、技術がしっかりした人がいるので、別の人間からも施術を受けてみたいということで行きました。

ちなみに前回の時は明らかな素人で不満足でした・・・やっぱり人によってばらつきがあるのが安価店の宿命ですね。

でも安い店なら短い期間で教育して現場に出さないと成り立たないので仕方ないビジネスモデルとも言えます。

ちなみに今回、私を担当した人は非常にできる人でした・・逆にこんな安価に施術してるのが謎(笑)

でも、今回は私の担当者の話ではなく、他の部屋から聞こえてきた内容です。

「どこがお辛いですか?」

「肩、首、腰が辛いです」

もうこれはお約束のお身体の辛さですよね・・(汗)

でもやはり国家資格者ではないと、根本からの改善を目的としたアプローチはできないんですよね。

でもそれは一般人には知られていない事実です。

 


そもそも整体とマッサージ違いもわからない人が殆どです。さらに言えば本来、按摩、マッサージは資格者でないと名乗れません。

 

あえて言うならスポーツマッサージとかなどいい方を変えないといけません・・・つまり巷に溢れている店のほとんどは白に近いグレーゾーンの隙間ビジネスだと思います。

ここに関しては別の機会でまた触れましょう。

では今日は筱田先生に腰、肩のアプローチを聞いてみましょう。

 


肩について

 

1、頭蓋骨、首の歪み、猫背調整背骨の傾き、肩甲骨の位置、腕の筋肉の緊張などにアプローチします。

2、頭は3-5kg あり、 姿勢の傾きが強いほど それを支えている首や肩には、それだけの負担がかかります。

首の歪みを正すことで頭の重みによる負荷を軽減します。

また、いわゆる猫背になると背中が丸まり、肩甲骨が外側に開いたら状態になります。
背中が丸まると僧帽筋などの肩の大きな筋肉で上半身を強い力で支えなければならないため、肩がこりやすくなります。
なので肩甲骨の位置を正し、背中の歪みを解消しなければなりません。

また腕のつかいすぎにより筋肉が固まると解剖学的に緊張が肩に伝わります。

3、長時間の前屈み姿勢や手を使う作業の連続による疲労など

 


腰について

 

1、骨盤・股関節・腰椎の歪み、腰・臀部・お腹周りの筋肉にアプローチします。

2、腰痛のほとんどが股関節周りの筋肉の不均衡により起こります。
股関節はとても可動域の大きい関節のため、たくさんの筋肉に支えられています。股関節の筋肉は臀部・腰部・脚部・腹部と幅広く存在するため、それらの筋肉のバランスが崩れると腰は痛みが出やすいです。

3、緊張する筋肉とそれにより生じる歪みは、人によって・姿勢によって異なるため、検査が非常に大切になります。
主な原因は、怪我など以外だと座り方立ち方の癖がほとんどです。

悪い姿勢の代表例
床座り(あぐら、長座、お姉さん座り等)、片足過重の立位、前屈み姿勢、反り腰

 

PS
現在、無料で骨格を診断するコースをやっています。一度、ご自分のお身体の状態を見てみませんか?
>>無料で調整を受けてみる


>>関連の次の記事を見る:「知られていないマッサージの事実」


>>関連の前の記事に戻る:「あなたはこの冬、腰や肩は辛くないですか?」


>>私達はどのように始まったか。