「筋肉痛ってなぜなるか知ってます?」


「筋肉痛ってなぜなるか知ってます?」

(情報提供:山田先生)

筋肉痛って、筋トレした後や激しい運動をした後に起こるものだと認識してると思いますが、それがなぜ起きるのか考えたことはありますか?

 

筋肉は筋繊維の束が集まってできています。

激しい運動をすると筋繊維が損傷します。

※筋繊維には痛点が無いので痛みを感じません。

筋繊維を修復するために白血球が集まってきます。

すると白血球が出す成分により、筋繊維の束を包む 筋膜が炎症をおこし、腫れます。

腫れた、隣接の筋膜と筋膜が触れ合って、痛みを感じます。

※筋膜には痛点があり、痛みを感じます。

この痛みが筋肉痛だと言われています。

年をとると痛みの出るのが遅くなる。

若い時は、運動した次の日には筋肉痛になっていのに、

最近は2~3日してから痛み出す‥‥‥。

筋肉痛の始まるのが遅くなったと、感じていませんか?

年と共に、代謝機能が低下し、傷ついた筋繊維に白血球がすぐに集まらなくなるからです。

また、修復にも時間が掛かるので、筋肉痛の期間も長くなります。

 


・筋肉痛の予防

 

一度、筋肉痛になると、以前より強い筋肉に生まれ変わり、筋肉痛がおこりにくくなります。

その効果は1週間ほど持続されます。

ですから、運動会に参加されるのであれば、1週間前に軽く練習をするか、あるいは軽いウエイトトレーニング等をして、軽い筋肉痛になっておけば、本番の後に、 ひどい筋肉痛になる事はありません。

 


・運動した後は、筋肉を暖める

 

運動の後、痛みが出ていない間は、お風呂やサウナなどで、筋肉を暖めるようにした方が良いです。

血液の循環を良くする事で新陳代謝が活発になり、筋肉痛が早く治るようになります。

筋肉痛になってから筋肉痛が良くなるまで、何もしていないと筋肉がガチガチに固くなってしまう場合があるので、ストレッチや、整体で硬さを取ることも大事なことです。

よく、筋肉痛になった所をマッサージしてしまいますが、痛みがあるときにマッサージをしてしまうと、白血球が筋繊維からはがれ、回復を遅らせてしまいます。

筋肉痛の時にマッサージをするのは禁物です。

 


筋肉痛について、理解できましたか??

 

筋肉痛というのは筋肉の損傷であり、いわゆる一種の怪我です。

なので、しっかりと修復させてあげることが重要になってきます。

身体のケアをせずに筋トレばかりして筋肉の損傷を繰り返してると、逆に筋肉を悪い状態にしているだけなので注意が必要です。

さらに、マッサージだと筋繊維の修復を阻害するので、身体のケアは整体をしないとダメです。

あとは食事や睡眠も大事なので、栄養、休養はしっかりと取ってください。

 
健康的な身体にするためにご自身の身体のケアを今一度考えてみてください!

 


>>あなたはお店選びでこんな間違いをしてませんか?

 


>>山田先生の紹介はコチラ

 

>>関連の次の記事に進む:「知っているともっと「いい体」になれる?トレーニングと筋膜のお話」

>>関連の前の記事に戻る:「恐怖の小顔矯正」


>>私達はどのように始まったか。