「エラ張り解消法!」


「エラ張り解消法!」

(情報提供:山田先生)

 

皆さんお疲れ様です!

最近、様々な方に美容鍼をしていて、エラが張っている方が多いように見受けられます。
結構気になっている方が多いのではないかと思います!

本日はエラ張りの解消法を伝授します!

エラ張り顔は無意識の習慣で出来上がってしまうものです。

 


そこでエラ張りの原因とそのケア方法をご紹介します!

 

エラ(咬筋)は上の歯と下の歯を食いしばったときに硬くなる筋肉です。
咬筋の力はとても強く、自分の体重ほどの力がかかるといわれています。
例えば、体重が約50kgの方が食いしばれば、50kgほどの負荷がかかるといわれるほどなのです。

 

エラが発達してしまう一番の原因は
『食いしばり』なのです。

 

エラ張りに悩んでいる人は
普段何気なく口を閉じて息をしている際に、
『上の奥歯と下の奥歯が当たっている』ことがほとんどです。
逆にエラが張っていない人は、
食事以外の時間は上下の奥歯は触れ合っていない状態です。

この事実に気が付いていない人がほとんどです。

上の奥歯と下の奥歯が触れ合っている状態が当たり前なので、それに気がついていないだけなのです。

この違いに気がつくかつかないかで、
フェイスラインに与える影響はとても大きくなります。

 

そこで、簡単なセルフケアをご紹介します!

顎を小さく前後・左右に動かすだけです。
このときに、エラに力が入っていないことを意識してください。

 

力が入っていると、エラの筋トレになってしまうので、
あくまでもゆるく動かすのがポイント。

イライラしているとき、頑張っているとき、
ストレスが多いときに歯を食いしばっているかも…
と自覚されている方は多いと思います。
ですが、一番厄介なのが何もしていない無意識の時の食いしばり。

 

はじめは慣れなくて、難しいかもしれません。
しかし慣れる頃には、咬筋もゆるんできて、

 

見た目にもフェイスラインがすっきり変化してくるかと思います。
ぜひ日頃から気をつけてみてください!

美容鍼と合わせてやると最強ですよ!


>>美容鍼でフェイスラインをスッキリするならこちらから

 


>>山田先生の紹介はコチラ

>>関連の次の記事を見る【自律神経が整う環境作り】

>>関連の前の記事に戻る:「医者ですら信用してはいけない事例」


>>「恐ろしいチェーン店の実態とは?」


>>あなたはお店選びでこんな間違いをしてませんか?