【背骨の動きが硬いと妊娠に影響!?姿勢と女性ホルモン分泌の関係とは?】


【背骨の動きが硬いと妊娠に影響!?姿勢と女性ホルモン分泌の関係とは?】

(情報提供:渡辺先生)

良い姿勢はそれだけで美しく見えますよね?

逆に姿勢が悪いとそれだけで見た目が老けて見えたりしますが、それ以外にも女性ホルモンの分泌にも姿勢が関係するのはご存知でしょうか?

 

特にデスクワークの方はホルモンバランスを崩しやすい傾向にあります。
なぜなら長時間うつむき加減で首がガチガチに凝ってくると、首の奥にある脳の中枢である脳幹が圧迫されてしまうためです。

 

脳幹の中でも、特に”視床下部”は、生命活動の中枢である自律神経やホルモンバランスのコントロールセンターです。

慢性的な首のコリを放っておくと、脳幹、特にホルモンバランスをコントロールしている視床下部に異常信号を送ることになってしまいます。

また、座った姿勢のままでいると、そけい部(股関節の前側)を圧迫して、骨盤の中がうっ血しやすくなってしまい、そうすると卵巣の働きに影響が出ますし、ホルモンバランスの乱れにもつながります。

うつむく姿勢を続けると脳の視床下部に、座ったままの姿勢を続けるとそけい部に悪影響があるデスクワークをする時は、同じ姿勢を続けないよう注意が必要なようです。

さらに猫背になると背骨を圧迫するため、交感神経が優位になりやすく、加えて猫背の姿勢だとホルモンバランスが乱れやすくなり、脳のコントロールタワー・視床下部の血流も悪くなりますので姿勢はやはり不調に大きく影響します。

余談ですが、背骨が硬い人は妊娠しにくくなり、更年期障害も起こしやすくなります。

背骨は自律神経ですべての臓器と連動していますので心臓、胃、肝臓、すい臓、腎臓、ホルモンを出す副腎も全部つながっています。

ですから背骨が硬いということは、ホルモンバランスの乱れや身体の乱れ、心臓や胃も、動かしているのは自律神経ですから、臓器の衰えにも直接つながります。

 

このような状態になってしまうともちろん血液の循環も悪くなりむくみやすくなり、お肌の潤いも失われてしまいます。
いかがでしょうか?
 

背骨の動きが硬いとどうなるかおわかりいただけたでしょうか?

思い当たるものがある方はだからといって、ムリに背中を動かしてしまうとかえって身体を痛めてしまうことがありますので、軽めの背伸びから始められると良いと思います。

どうすれば良いのかわからないという方はまずは一度、ご相談ください。

 


>>渡辺先生の紹介はコチラ

>>関連の次の記事に進む:「寝る前5分間のながらストレッチで肩こり緩和!」

>>関連の前の記事に戻る:「疲労を溜めない身体を作ろう!」


>>私達はどのように始まったか。