「天気や気圧の変化に弱い人の改善法!」


「天気や気圧の変化に弱い人の改善法!」

(情報提供:山田先生)

皆さんお疲れ様です!!

渋谷メディカルの山田です。

着々と冬に近づいて寒くなってきていますが、皆さん体調は崩していないでしょうか??

季節によって気温や気圧、天気が変わりますが、なかなかそれに順応していくのは難しいものです。

季節の変わり目で体調崩される方も多いと思います。

そこで今日はその改善法を伝授したいと思います。

朝起きると、なんだか肩が重いとか、腰が重い、身体がだるいなーなんて思ったことないですか?
とくに雨が降ったり、気温差があるときに、症状がひどくなるのは気のせい?なんて、思うことはありませんか?

実は凄く関係あります!


そういった天気や気圧の変化による症状は自律神経の乱れから起きるので、天気や冷えによって血流が悪くなるのです。

 

自律神経は、交感神経と副交感神経の2つがあるのですが、体を落ち着かせるのが副交感神経で、緊張時に心拍数や血圧を上げるなどの働きをするのが交感神経です。
交感神経が強く刺激されると、痛みが悪化します。

自律神経は気温や気圧の急激な変化に弱く、そうした刺激を受けると痛みを感じる神経も興奮して、不調が起こりやすくなります。
梅雨や台風など気圧が急激に低下したときに、症状が出るのはそのためです。

天気病の人が最も影響を受けやすいのが気圧の変化です。
普段は体がつぶれないように、体内と外の圧力がつり合っていますが、気圧が急激に低下するとバランスがくずれて体がむくむなどの影響が出ます。

気圧が変わると、内耳の気圧センサーから『体のバランスがくずれている』という情報が脳に伝わり、頭痛やめまい、耳鳴り、血圧上昇などさまざまな症状が起こります。
さらに大きな寒暖差にも要注意です。

自律神経が体を一定の状態に保つようにエネルギー消費するため疲労がたまりやすく、それにより体が冷え不調になっていきます。

飛行機などで気圧の変化を感じると耳の調子がおかしくなるのと同様に、目に見えない気圧の変化は内耳で感じている。気圧の変化に敏感な人は天気病の症状が出やすいので注意しましょう。

そこで、その「お天気病」を寄せ付けないための生活スタイルを述べていきます。

【日中】

冷房で冷えやすい夏は、上着やスカーフを使用して対策をねってください。
また、一口20回程度しっかりとかんで食べると、体の中から温めるのに効果的です。

【朝】

朝起きたら太陽の光をしっかり浴びて活動モードにしましょう。
夜型の生活や不規則な食生活は、体内リズムが狂って自律神経のバランスを乱す原因になるので、毎日決まった時間の早寝早起きを心掛けてください。

【昼】

1日20分程度のゆっくりできる運動をしましょう!
自律神経を整えるには、激しい運動よりも、昼休みに20分程度のウォーキングをするなどゆったりとした運動がおすすめです。

【入浴】

ぬるめの湯にゆっくりつかりリラックス!
38~40℃くらいのぬるめのお湯に、20分程つかって体を温めると、副交感神経が優位になりリラックスできます。
逆に熱いお湯は交感神経を優位にして、寝つきが悪くなるので注意です。

【睡眠】

6~7時間程度の充分な睡眠をとりましょう!
活動している日中は交感神経が優位になっているため、副交感神経が優位になる睡眠をしっかりとって自律神経を整えることが大切です。
寝る前のスマホは眠りの質を下げるので寝る30分前はいじらない方がいいです!

毎日同じサイクルで生活していくというのはなかなか難しいことかもしれませんが、これを習慣化できたら最強ですよ!

身体が見違えるほど楽になります!


>>あなたはお店選びでこんな間違いをしてませんか?

 


>>山田先生の紹介はコチラ

 

>>関連の次の記事に進む:「ニキビ、シミ、シワは内臓不調のサイン」

>>関連の前の記事に戻る:【鼻呼吸と自律神経】


>>私達はどのように始まったか。


>>あなたはお店選びでこんな間違いをしてませんか?