【ゆがむことは悪いこと?】


【ゆがむことは悪いこと?】

(情報提供:渡辺先生)

お疲れ様です。

渋谷メディカルの石崎です。

今回も引き続き渡辺先生から歪みに関して続編をお話しいただきます。

渋谷メディカルのスポーツ専門みたいな立ち位置の渡辺先生のお話しは普段聞けない様なことですから楽しみです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

前回はゆがみとは何かについてお話ししました。

 

「ゆがみって何?」「何がゆがむの?」

 

もしまだお読みになられていない方はそちらもぜひ読んでみてください。

今回は「ゆがむことは悪いこと?」というお話しです。


前回関節が曲がって硬くなってしまうとゆがみが起きるとお話しましたよね。

 

ですが関節の役割は曲げ伸ばしですので「曲がること」は本来問題ありません。

むしろ関節が曲げ伸ばしできなければ、人間は動くことができません。

なのでとても大事なことなのです。

 


「では何がいけないのか?」

 

それは「曲がったままでいること」がいけないのです。

誰でも利き腕や利き足がありますから、それに伴って得意な動き苦手な動きがあります。

そうすると日常生活で得意な動きが自然と多くなるのはお分かりいただけますでしょうか?

それの繰り返しで偏った使い方で筋肉の硬さが起こって結果として「ゆがみ」というものが起きてしまいます。

ですから「ゆがみ」そのものが悪いことでなく、偏った動きで「ゆがませていること」が悪いことなのではと僕は思っています。

だからとは言えそれを改善することは、とても大変なことです。

 


なので「整体」や「マッサージ」で筋肉や骨格のバランスを整えることは大事なことです。

 

ですがそれに加えて、普段からそうならないように気をつけることが何よりも大事なことではないでしょうか?

自分が普段どのように動いているかはわかりません。

ですから当院ではただ身体を整えるだけではなく、簡単にできるセルフケアも合わせてお伝えしています。

「整体」や「マッサージ」を受けていても症状の改善がみられない方は一度ご自身の「身体のクセ」を調べてみても良いかと思います。

「身体のクセ」が気になっている方は一度ご相談ください。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

なるほど、なるほど、やはり利き腕、利き足があるということは負荷のかかり方もちがいますもんね。

私はトレーニングをするのでよくわかりますが、疲れてくると強いところに頼ろうとして利き腕や利き足に負荷がめちゃくちゃかかってます。

当院は整体とマッサージを併せて効果的なアプローチを提案できるのでいろんな悩みに対応できると思います。

身体の使い方を正しくしていくと別世界のように変わりますよ。

騙されたと思って試してみてください。


>>身体の癖を理解して身体を変えていくならコチラ

 


>>渡辺先生の紹介はコチラ


>>関連の次の記事を見る:「あえてスタッフ紹介をさせてください」


>>関連の前の記事に戻る:「焼き肉といえばやっぱりハラミとサガリ」


>>「恐ろしいチェーン店の実態とは?」


>>あなたはお店選びでこんな間違いをしてませんか?