「ヨガやトレーニングだけじゃない、生きるために最重要!肺について学ぼう」


「ヨガやトレーニングだけじゃない、生きるために最重要!肺について学ぼう」

(情報提供:渡辺先生)

呼吸は普段の生活でも、トレーニングをしている時でも重要ですが、その仕組みについては意外と知られていないものです。

呼吸における主役は肺ですが、肺とはいったいどんなものかというと、酸素と二酸化炭素のガス交換を、24時間絶え間なく行ってくれているものです。

その肺には、実は心臓のように自らのポンプ機能は備わっていません、肋間筋などの呼吸筋群や横隔膜の動きにより動く仕組みになっています。

 
 

筋肉の収縮運動によって胸郭が拡張すると、空気が体に取り入れられ、収縮した時に空気を排出します。

 

胸郭は脊椎にも面していますので、肩甲骨や背骨のまわりの筋肉を柔軟に整えられるヨガは、より多くの空気を取り入れられるようにするには、理想的です。

肺は肋骨に囲まれた胸腔内に、左右一対で構成。ガス交換を行うブドウ状の肺胞は、広げると60?80m2にもなると言われています。ワンルームタイプの部屋よりも広いことになりますね!

お腹が大きく膨らめば深く呼吸ができている、と思っている人が多いのですが、実は「腹式呼吸の空回り」状態に陥っている人が少なくありません。

吸息時、背中側の横隔膜もしっかり動いているでしょうか?腰に手を当てて、吸息時にその手が持ち上がっていればOKです。

 
 
深い呼吸は副交感神経を優位にして、心身をリラックスさせてくれますし、右の肺の下には横隔膜を挟んで肝臓があり、深く呼吸をすることによって肝臓も刺激されて機能が高まります。

 

肝臓だけではなく、他にも胃や腸なども同じく刺激されますので、便秘解消にも効果的。

内臓の機能が高まれば代謝もアップするので、冷え性も改善にも繋がります。

 
一方、胸式呼吸で大切なのは、息を吸った時に、肋骨を横と後ろにも広げるように意識すること。
 

こちらは手をワキの下に当てて、肋骨の動きを確認するといいでしょう。

この時に肋骨がうまく動かない方の場合、肩甲骨を動かしている場合があります。

肩甲骨が動いていると良いイメージがあるかと思いますが、肩甲骨の本来の働きではないので、むしろ肩こりや猫背の原因になってしまいますので、要注意。

その呼吸をし続けていると、背中の筋肉に疲労が溜まり、ギックリ腰ならぬギックリ背中になってしまう人もいます。

そうすると呼吸をすること自体が辛くなってしまいます。

普段から呼吸が浅いなと感じられている方はお気をつけください。
 


>>渡辺先生の紹介はコチラ

>>関連の次の記事に進む:「寝不足だと痩せない!それどころか太る!それは自律神経が関係していた」

>>関連の前の記事に戻る:「だから人は病気になる。」


>>私達はどのように始まったか。