「本当にあった怖い症状~その6~」


「本当にあった怖い症状~その6~」

(情報提供:渡辺先生)

 

お疲れ様です。渋谷メディカルの石崎です。

今回も渋谷メディカルの患者様に多いデスクワークで起きやすい症状に関して渡辺先生にお話しいただきます。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

デスクワークをしていると身体に起こる不調として、肩こりや腰痛はとても多いです。

しかしそれ以外にもデスクワークをしていて実際にあった症状を1つご紹介します。

デスクワークの時の姿勢と言うと、皆さん背中を注目されますが、他にも気をつけていただきたいポイントがあります。

 


「それは脚です」

 

座っているとイスにお身体を預けていて、あまり脚には意識が行かない方が多いです。

今もしこれをイスに座って読まれているならば、脚を見てみてください。

 

ちゃんと脚は床に着いていますでしょうか?
足首がグネッとしていたり、クロスしていたりなどしていませんか?

 

でも脚がキチンと着けていないと、膝は変な形で曲がったままで居続ける事になり固まってしまいます。

そうするとイスから立ち上がる時や歩いている時に膝がうまく伸びなくなって、歩き姿が変になったり、膝に痛みを起こしてしまう原因になってしまいます。

もちろん脚で支えていないと骨盤が全てを支える事になり、肩こりや腰痛を引き起こしやすくなります。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

確かに意外と意識されないのが座っているときの足の姿勢ではないでしょうか?

足を組んで座る人も非常に多いですよね。

しっかり足の平を床に着けて座っている人の方が少ない気がします。

まずは自分の身体のことを気にしてより良い状態にするということが意識できないと仕事も趣味も最高のパフォーマンスは出せていないのは明白です。

むしろ自分が100%の力が出せる状態を知っていますか?


>>国家資格者の診断を受けてみる

 


>>関連の次の記事を見る:「もしかして寝だめしてますか?」


>>関連の前の記事に戻る:「くしゃみと腰痛の関係」


>>「恐ろしいチェーン店の実態とは?」


>>あなたはお店選びでこんな間違いをしてませんか?