【本当にあった怖い症状 その8】


「本当にあった怖い症状~その8~」

(情報提供:渡辺先生)

 

お疲れ様です。

渋谷メディカルの石崎です。

前回、腹筋を伸ばせないと太ももが太くなるということをお話しいただきましたが、今回はその理由に関して渡辺先生にお話し頂きます。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

前回腹筋を伸ばす運動について簡単にお話ししました。

今回はその続きです。

 


背中と違いお腹には骨がありませんので、腹筋は支える役割を担っています。
その為に腹筋は伸びる運動が必要ですと前回はお伝えしました。
 

ですが腹筋運動で縮めてばかりいると、縮んで硬くなり背中を丸めてしまいます。

そうなると上半身が前に倒れてしまうので、それを支える為に太腿に負担がかかります。

負担をかけたままで生活を送っていると、それがそのまま太腿の負担となります。

 


それはまるで「スクワット」をしているようなもの。

 

ですので、腹筋が伸ばせないと脚が太くなるのです。

加えて背中が丸くなるという事は、肩が前に出ます。

肩が前に出ると連動して首も前に出ます。

そうすると首も同様に負担がかかり、歯を食いしばって顎や首の筋肉も太くなってしまいます。

なので腹筋が強いに越した事はありませんが、縮める力ばかりが強いとかえって良くない事にもなりかねません。

ちなみに腹筋を伸ばす際にやってはいけない事は、「背中を反らせる事」です。

これはストレッチ全般に言える事でもありますので、続きはまた次回に。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

普段の姿勢が体型にも影響があるですね。

皆さん、普段そういう視点で生活習慣を考えていますか?

最近、思うんですが、身体がいい状態でないと何もかもいい結果は引き寄せられないと感じてます。

自分の身体を最優先に考えられない人はいつもパフォーマンスで劣っているなと感じてしまいます。

皆さんは自分の身体を見つめていますか?


>>「恐ろしいチェーン店の実態とは?」

 


>>関連の次の記事を見る:「運動前のストレッチしていますか?」


>>関連の前の記事に戻る:「痛気持ちいいにはまっていませんか?」


>>あなたはお店選びでこんな間違いをしてませんか?