「緑茶が流行のインフルエンザ対策に超オススメな理由」


「緑茶が流行のインフルエンザ対策に超オススメな理由」

(情報提供:渡辺先生)

寒さが深まるこの季節、最近はやってるみたい…でも、絶対かかりたくない!と対策している人も多いかもしれない「インフルエンザ」。

風邪予防の基本と言えば、手洗い・うがいですが、インフルエンザウイルスの感染は、ウイルスが粘膜に接触してから数十分以内に感染するとも言われており、実は思った以上に時間がありません!

ノドの乾燥を防ぎ、粘膜上から異物を排除する繊毛の働きを高める、という点ではうがいはとても有効!

でも外出中や仕事中などに、数分おきにうがいをするというのはなかなか難しいですよね。

ですがノドの粘膜を潤し、ウイルスを侵入前に洗い流すのであれば、実はうがいよりも「水分の摂取」が効果的なんです。

なぜかと言うとウイルスが胃に入ってしまえば、感染は生じないからです。

これは朗報ではありませんか?

 
 

例えばペットボトルを持参して、20分おきに少量を飲むことはとても有効。
これならできそうではないでしょうか?

 

せっかくなら、対策によさそうなものを飲みたくはないですか?

それなら「緑茶」をオススメします。

緑茶に含まれるポリフェノールの一種であるカテキンは、ウイルスの細胞への吸着や、細胞内での増殖を阻害することが報告されています。

インフルエンザウイルスのA・B・C型、さらに10~40年周期で出現する、まったく新しい型の”新型インフルエンザウイルス”にも、感染を抑制することも確認ずみ!

また、緑茶に含まれるアミノ酸の一種であるテアニンは、免疫力を高める効果が報告されています。

 
 


もっと効果的に!なら「抹茶」に注目!

 

お茶の中でも、茶葉を丸ごと摂取できる抹茶は、カリウム、カルシウム、鉄分、マグネシウム、リン、亜鉛、ビタミンB1、 B6、Cなどの健康維持に役立つ栄養素が特に豊富です。

つまり抹茶を飲めば、インフルエンザ予防かつ冬の脱水症状対策と一石二鳥というわけです。

抹茶というと急にハードルが高くなってしまったと感じたなら、茶葉たっぷりでカテキン2倍、しかも抹茶入りのこちらに頼るのもあり。

コンビニやスーパーで買えるから助かります。

おいしく飲んで、インフルエンザウイルスを寄せ付けない体を作りたいですね。

 


>>あなたはお店選びでこんな間違いをしてませんか?

 


>>渡辺先生の紹介はコチラ

 

>>関連の次の記事に進む:「恐怖の小顔矯正」

>>関連の前の記事に戻る:「病名に惑わされないでください。」


>>私達はどのように始まったか。