「夏に向けて第6弾!ゴロゴロしたままエクササイズで小尻にしよう!」


「夏に向けて第6弾!ゴロゴロしたままエクササイズで小尻にしよう!」

(情報提供:山田先生)

皆さんお疲れ様です!

皆さん最近運動はしていますか?

健康な身体を手に入れるには身体を動かすことが不可欠です。

簡単な運動からでよろしいので、スタートしていきましょう!

今回はゴロゴロしながらでも確実に太ももを引き締めるエクササイズをご紹介します。

なぜ太ももエクササイズがオススメかと言うと、今回フォーカスしている太もも内側の内転筋をケアしている人が少ないからです。

この内転筋は日常生活の動きでは、使われることが少なく筋力が低下しやすいのです。

この内転筋が緩むと骨盤の歪みや膝の痛み、下半身のむくみや冷えなどの原因にもなるので、ぜひこの機会に引き締め直してみて下さい。

 


・小尻になる太ももエクササイズ

この動作は、体幹(胴体部分)を刺激しながら、太もも内側のラインを綺麗に引き締めて行きます。

また、小尻作りには欠かせないお尻の横の筋肉も刺激するので、形のいい小尻に仕上がります。

動作のポイントは、ゆっくりと、そしてしなやかに伸びた脚をイメージしながら実践してみて下さい。

継続することで全身のラインが確実に変化してくるので、積極的にトライしてみて下さい。

1.左腰を床につけ、横寝になります。

左肘で床を押し頭を持ち上げ、手のひらで頭を支えます。右足を曲げて左足の前の床につけます。

2.ゆっくりと左足を床から離します。

この時かかとを押し出し、見えない壁を押すようなイメージで内ももをしっかり伸ばし、上に押し上げます。

3.そのままゆっくりとかかとを床ギリギリまで戻します。

8回×1セットを目安に左右それぞれトライしてください。
慣れてきたら、床に置いている手を腰に起き、2セットを目安にトライしてください。

 

 


・内もも&二の腕を引き締めるエクササイズ

この動作は、体幹(胴体部分)を刺激しながら、太もも内側のラインを綺麗に引き締めて行きます

また、小尻作りには欠かせないお尻の横の筋肉も刺激するので、形のいい小尻に仕上がります。

動作のポイントは、ゆっくりと、そしてしなやかに伸びた脚をイメージしながら実践してみて下さい。

継続することで全身のラインが確実に変化してくるので、積極的にトライしてみて下さい。

1.左腰を床につけ、横寝になります。

左肘で床を押し頭を持ち上げ、手のひらで頭を支えます。右足を曲げて左足の前の床につけます。

2.ゆっくりと左足を床から離します。

この時かかとを押し出し、見えない壁を押すようなイメージで内ももをしっかり伸ばし、上に押し上げます。

3.そのままゆっくりとかかとを床ギリギリまで戻します。

8回×1セットを目安に左右それぞれトライしてください。

慣れてきたら、床に置いている手を腰に起き、2セットを目安にトライしてください。。

 


・鼠径部へのアプローチでむくみ対策!

このストレッチは内転筋の筋肉のコリや老廃物を流しスッキリとしたハリのある脚に仕上げてくれます。

また、下半身と上半身をつなぐ鼠径部には、鼠径リンパ節があり、脚や腰周りなどリンパ液が集まるので、ここの流れを良くしておくと下半身が軽くなり、むくみ知らずの美脚になります。

1.床に座り右足を伸ばし、左ひざを曲げます。

両手の平で左脚の付け根をゆっくりと体重を掛けるように10秒間グーっと押します。

2.手のひらを太ももと膝の間に移動し、同様にグーっと押します。最後は膝の内側を同様に押します。

反対側も同様に動作してください。

 

どうでしたか?

下半身が気になる方は試してみてください。

継続してしっかりやっていけば成果は出ます!

頑張りましょう!!


>>あなたはお店選びでこんな間違いをしてませんか?

 


>>山田先生の紹介はコチラ

 

>>関連の次の記事に進む:【自分が持っている偉大な力【自然治癒力】とは?】

>>関連の前の記事に戻る:「夏に向けて第5弾!痩せない人にありがちな生活習慣と改善法を教えます!」


>>私達はどのように始まったか。