【自律神経のための背骨リセット】


【自律神経のための背骨リセット】

(情報提供:渡辺先生)

 

自律神経についていろいろとお話をさせていただいていますが、自律神経が通っている背骨は、エネルギーの貯蔵庫でもあり、心身の健康の要でもあります。

そのため、一日の終わりには疲れがたまりやすい場所。

それを放っておいてしまうと疲れが蓄積してしまいます。

その疲れが背骨の詰まりを蓄積し、健康を妨げる原因になりますから放っておけないですよね。

放っておくと、ゆがみや詰まりなどがおき、神経の働きを阻害したり、猫背や反り腰などの原因にもなります。

そして、いずれはもっと大きな病気にもなってしまう可能性も。

重力に影響を受ける私達の体としては避けられないのですが、だからこそ、それをリセットする術を持ちたいものです。

そこで今回は簡単な背骨の疲れをリセットする体操「キャット&ドック」をご紹介します。

 

<スタートポジション>

 

・四つんばい姿勢を取ります。

・手は肩幅。膝は腰幅に広げます。

・顎を引き、お腹を凹めます。

 


〈キャット動作=背中を丸める A背骨の屈曲〉

 

・息を吐きながら、お腹を凹ませます。

・腰椎の下部から上部に向かって順番に動かします。

・動作中は、手のひらと膝小僧を床方向へ押してください。

・視線はおへそをのぞき込むようにします。

 


〈ドッグ動作 B背骨の伸展〉

 

・息を吸いながら、お腹を凹ませます。

・腰椎の上部から下部に向かって順番に動かします。

・動作中は、手のひらと膝小僧を床方向へ押してください。

・視線は前方を見るようにします。

 

■その他のポイント

・お腹をふくらませると、分節的に動かなくなるので、まずはドローインと言って「お腹を引きこむ」事を優先しましょう。

・特に背中を丸くするのが苦手な人は、足をあぐらのように交差をすると、骨盤や腰椎が連動して動きやすくなります。

・動作中は、ウエストが太くなるのではなく、細くなるように行ってください。

 

背骨をリセットさせる体操はいろいろとありますが、こちらは寝る前などにされると、良いかと思います。

 


>>あなたはお店選びでこんな間違いをしてませんか?

 


>>渡辺先生の紹介はコチラ

>>関連の前の記事に戻る:「産後は骨盤矯正しないとだめ?」


>>私達はどのように始まったか。


>>あなたはお店選びでこんな間違いをしてませんか?