「歯も骨格の一部なんです」


「歯も骨格の一部なんです」

(情報提供:筱田先生)

 

最近お子さん方をみていてよく思うのですが、

「歯並びが悪い子が本当に多い。」

歯の生える方向がガチャガチャなので、ブリッジなどの歯列矯正をしていることが多いみたいです。

そしてこれがとても大事なのですが、
歯並びの悪い子たちの共通点は、「背骨が曲がっている」ということです。

どういうことかというと、

 

リフレクソロジーって聞いたことあると思うんですが、
あれって足の裏が体の各所の状態を示してるんですよね。

 

例えば、足の土踏まずのあたりは消化器系の状態が出ると言われてます。

それと同様、実は歯も骨格の一部であり、体の歪みがとても反映されるんです!

なので、歯並びを無理矢理治そうとしても体が曲がっていればいるほど、治りが悪いのです。
それどころか、無理に歯並びを治されると、コルセットをされているのと同じで、体も硬くなります。

実際、歯列矯正をしている子達は、「体が非常に硬い」しかも「感覚が鈍い」

 

以前も顔と体の関係性はお話しましたが、美容のために顔を整えても、すぐに戻ってしまいます。
なぜかというと、顔が体の歪みを反映するから。
つまり「姿勢の悪さを改善しないで、一部だけよくしようとしても全く意味がない」んですね。

逆に骨格を整えてアゴがしっかりしてくると、顔も整うし、歯の配列も改善されていきます。

 

以前も顔と体の関係性はお話しましたが、美容のために顔を整えても、すぐに戻ってしまいます。
なぜかというと、顔が体の歪みを反映するから。
つまり「姿勢の悪さを改善しないで、一部だけよくしようとしても全く意味がない」んですね。

 

さて、歯並びが悪くなるのは姿勢が悪いからと言いましたが、それだけでなくアゴが弱いと歯並びも悪くなります。

最近は特にこれが原因ではないかと思います。
「柔らかくて美味しいものばかり食べる」

 

アゴが弱いと、逆に姿勢が悪くなるんですね。

なので、
子供には柔らかいものだけでなく、小魚などの硬いものもちゃんと食べさせてあげてください。

昔の人の骨格がしっかりしていたのは、食べ物の影響もかなりあったようです。

現代は「体に優しい」ものが多いため、逆に体が弱くなってしまっているように感じます。


>>整体で身体の歪みを整えるのはこちら

 


>>筱田先生の紹介はコチラ

>>関連の次の記事に進む:【〇〇で成長ホルモンを出そう】


>>関連の前の記事に戻る:「ニキビのできやすい場所と原因、ケアの方法!」


>>「恐ろしいチェーン店の実態とは?」