「内臓がコル?」


内臓がコル?

(情報提供:筱田先生)

今年も残すところあとわずかになってきました。

さて、忘年会等で飲み会が増えるシーズンに、毎年とても多い症状が「ぎっくり腰」です。

以前もお伝えしたことがありますが、「お腹が疲れると腰や背中が固くなる」のです。

内臓も固く、コッたように筋張ることがあるんです。
それは、内臓も「筋肉で構成されているから」なんです。

つまり、疲れると肩こり同様、内臓も固くコリになってしまうんですね。

どの臓器が疲れてるかによって、体のどこに反応が出るか違ってきます。
ご自分がよく痛くなる体の場所と照らし合わせてみていただければと思います。

 

①腰の下のあたり

「大腸や子宮・卵巣」
ぎっくり腰で一番多いのが、おしりの骨のところが痛む症状です。
かがんだり、反らしたりできなくなるので、ベッドから起き上がるのも困難になることも。
お酒の飲み過ぎで水分を取りすぎたりすると大腸はとても疲れが出ます。

また、子宮とも関連していて生理時に痛くなる場所でもあります。

仰向きで片足ずつ外側に膝を曲げて足を開く動作で痛みが緩和します。

 
 

②腰の真ん中あたり

「腎臓」
体の老廃物などいらないものを外に排出してくれる臓器ですが、塩分の濃いものなどやお酒の飲み過ぎで負担をかけすぎると疲れてしまいます。
また、冷えに弱いので冷たいものの取りすぎでも痛めてしまいます。

これは、腰を手当てでじーっと暖めてあげると緩和してきます。

 
 

③背中の下の方・肋骨回り

「腎臓」
食べ物の消化にとても重要な臓器たちです。
とても強い消化液を出すところで、食べ物や飲み物がたくさん入ってくると大量に液を出さなければならず、結果的にその消化液で自分を傷つけてしまいます。

胸の下の肋骨が出っ張ってる人はこれらの臓器がとても疲れてることが多いです。

特に「左は暴飲暴食ですい臓が疲れてる」「右は胃酸が出過ぎ、胆嚢が油にやられている」
このようなときに左右で違って前に出っ張ってるのでよく見てみてください。
出っ張りを軽く押さえてあげるとお腹がグルグル鳴ったりして、すーっと楽になってきます。

 
 

その他、肺や心臓などは胸の付近に反応が出やすいです。

しかし、過度に心配する必要はなく、お腹の疲れのバロメーターとして認識していただければと思います。

楽しく美味しく健康的に食べ飲みしてください!
 


>>あなたはお店選びでこんな間違いをしてませんか?

 


>>筱田先生の紹介はコチラ

 

>>関連の次の記事に進む:【歯磨き粉は危険物!?】

>>関連の前の記事に戻る:「リンパって実際何なの!?」


>>私達はどのように始まったか。