「冷たい飲み物が体に及ぼす影響」


「冷たい飲み物が体に及ぼす影響」

(情報提供:筱田先生)

お疲れ様です。

渋谷メディカルの石崎です。

いや~今日は私も疲れました。

本日はご挨拶は短めに筱田先生にバトンタッチです(笑)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

暑くなりました。

こんな時期は冷たい飲み物をガブガブ飲みたいですよね。

運動したりして体に熱がたまっているときはいいと思います。

しかし、クーラーの効いた部屋で冷たい飲み物ばかり飲んでいると、内臓がとても冷やされます。

内臓が冷えると、脳は「体温が下がったからあげないと!」と体に発熱の指令を送ります。

 


その指令により体は冷えの元の水分を尿として排出し、筋肉に発熱させ、体温を上げます。

 

そうすると体感としては「暑いなー」となり、水分が出ていき喉が乾くため、また冷たい物を飲みます。

また内臓が冷えます。

水分出ていき発熱します。

飲みます。内臓冷えます…

を繰り返していると、内臓にとても負担をかけてしまい、内臓も疲れると固くなります。

 

そうなるとお腹の調子が気づかないところで悪くなったり、体全体がだるくなったり、風邪を引きやすくなったりします。


夏風邪になりやすい人や夏元気がない人はこういう暮らしをしていることが多いようです。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ついつい冷たい飲み物を飲みたがりますよね・・

でも身体に取り入れるということは筋肉をひやすのではなく、内臓をひやすわけで、身体に言い訳がありません。

常温か少し冷たいくらいの飲み物でなれるようにしましょう。

でも○田先生も炭酸の冷たい飲み物を大量に飲んでるシーンがあります(笑)

反面教師にしましょう!


>>あなたはお店選びでこんな間違いをしてませんか?

 


>>筱田先生の紹介はコチラ


>>関連の次の記事を見る:【呼吸ができない】


>>関連の前の記事に戻る:「セルライトをプチプチ?」


>>「恐ろしいチェーン店の実態とは?」