「意外と知らない消化のこと」


「意外と知らない消化のこと」

(情報提供:渡辺先生)

風邪をひいた時や疲れた時、運動の前など「消化がいいものを食べましょう」と言われますが、そもそも消化がいいってどういうことかご存知ですか?

改めて問われると、案外答えられない人が多いかもしれません。

そもそも、消化とは何でしょうか?

 


食べ物は、口の中で噛み砕かれた後、食道を通って胃に移動します。

 

胃の中で、食べ物は強力な酸性の胃酸や酵素の力で分解され、さらに胃の運動によって胃酸などと食べ物を混ぜ、腸へと送り出していきます。

これがいわゆる「消化」です。

 

栄養素によって消化の時間は異なります。
揚げ物やお肉をガッツリ食べた後は、しばらくお腹が空かなかったり、胃もたれしたり…という経験、ありますよね?

 

脂っこい物を食べると胃もたれしやすいというのは、皆さんご存じの通りです。

でも、脂っこいもの以外にも、消化に時間がかかる食べ物もあるんです。

 

食品別での消化時間をご紹介します。

胃内停滞時間:食品(100g)

2時間以内:白かゆ、葛湯、半熟卵、かぶ、大根、リンゴ、タイの刺身

2時間30分以内:白米ご飯、もち、牛乳、ジャガイモ、人参、生卵

3時間以内:うどん、カボチャ、サツマイモ、鶏肉、カステラ、ビスケット

3時間30分以内:タケノコ、ピーナッツ、ハマグリ、昆布、カマボコ、ゆで卵、ビーフステーキ

4~5時間以内:ウナギ、数の子、天ぷら、豚肉、ベーコン、ハム

12時間:バター

思ったより消化に時間がかかるんだ!と気づいた食品が意外と多くありませんか?

例えば、貝類や海老、カマボコやちくわなどの練り製品など、いわゆる低脂肪高タンパク食材も、消化に時間がかかります。

一方、ご飯やうどん、パンなどは消化が早く、スピーディーにエネルギー化されます。

こうした消化時間の違いは、含まれる栄養素によるものです。構造がシンプルで消化(分解)に時間がかからない糖質は消化が早く、構造が複雑で分解に時間がかかるタンパク質、脂質は消化に時間がかかるというわけです。

 

次に注目したいのが食物繊維。
便の材料となり、腸内環境を整える働きがありますが、人体では消化されないため、摂りすぎると胃腸に負担がかかり、疲れている時や運動前などは、できるだけ消化がよい状態で摂る工夫をしましょう。

 

大根やカブ、リンゴなどは食物繊維を多く含みますが、消化がよいのが特徴。すりおろしたり軟らかく煮込むことで、さらに消化負担を軽くすることができます。

 

そして気をつけなければならない事があります。

それは食材の組み合わせ。
上記の消化時間は、それぞれの食品を単独で食べた場合の時間です。

 

もし、卵をたっぷりのバターで半熟にスクランブルすれば…、ジャガイモとベーコンをバターで炒めれば…、消化時間は大幅アップ!

他にも食事中に大量の水分やお酒を飲んだ場合、消化に欠かせない胃酸や消化酵素が薄まってパワーダウンし、その分消化時間は増えていきます。

消化をスムーズにするためには、水分は食前に少し、または食間に摂るのがベター。

特に運動前の食事では、食事と水分補給をタイミングよく行うように心がけましょう。

食べたら後は知らんぷりになりがちですが、食後の体の中は大忙し。

生きて活動する上で欠かせない消化のこと、きちんと知って食事を摂るようになれば、体の負担を軽減し、より軽やかに、快適に活動できるようになるでしょう!

 


>>あなたはお店選びでこんな間違いをしてませんか?

 


>>渡辺先生の紹介はコチラ

 

>>関連の前の記事に進む:「風邪の功名」

>>関連の前の記事に戻る:「貧血持ちは5人に1人」


>>私達はどのように始まったか。