「いわゆる骨盤矯正をしても良くならない理由が、これです。」


「いわゆる骨盤矯正をしても良くならない理由が、これです。」

(情報提供:筱田先生)

皆さん、こんにちは。

世の中には骨盤矯正なるものが、あちこちに溢れています。

姿勢改善や腰痛改善のための骨盤矯正、産後の骨盤矯正、プロポーションを整えるための美容骨盤矯正などなど

足の長さを整えたり、骨盤の高さを調整して本人にもわかりやすいように教えてくれるところが多いようです。

骨盤矯正という名前はあくまで商品名なので、なんでもいいと思いますが、問題は内容。

 

「骨盤がズレてますね。」
「骨盤が開いてますね。」
 

整体に行くとよく言われる台詞ですが、その治し方のほとんどが、

「骨をぐいぐい押したり、バキッと鳴らして元に戻す」方法です。

これは、色んな整体に行かれてきた方々にさんざん伺ってきたお話なので、事実なんだと思います。

私も様々な有名な先生の勉強会や教材を見てきましたが、ほとんどがそういった感じでしたので、昔はそういうものだと思っておりました。

骨が開いてるからといって、押し込んで閉じたとしても、立ち上がった瞬間元に戻ったりします。

 

なぜなら骨をズラしたり、開いたりさせているのは「筋肉」だからです。

骨は勝手に動きません。
筋肉がなければ人の体は支えがなくなり、崩れてしまいます。
 

人間の体ってほとんどが筋肉や筋膜といったもので包まれているんです。

手足胴体はもちろん、内臓もほとんどが筋肉ですし、目の中にも焦点を調整する筋肉が存在します。

そういった筋肉や筋膜が縮こまったり固くなると、骨盤が引っ張られてズレたり開いたりするんですね。

なので、目に見える形だけ単純に治そうとしてもまずよくなりません。

お腹の緊張をとったり、手のコリをほぐしたり、はたまた過去に足の捻挫をしたところ施術することで、骨盤のズレが自然な位置に戻ったりすることがよくあります。

つまり人によって骨盤がズレる原因は色々なのです。

本来の整体は、検査をしてズレをつくっている原因を探し出し、根本から解決していくものです。

だから、単に骨盤そのもののズレを治すだけの骨盤矯正では、体は良くならないということです。

 
 


>>篠田先生の紹介はコチラ

>>関連の次の記事に進む:「姿勢が悪いと内臓脂肪がつく」

>>関連の前の記事に戻る:「無理なくキチンと立ててますか?姿勢を直して、あなたの人生をバラ色に!」


>>私達はどのように始まったか。