「なかなか治らないニキビをお持ちのあなたへ」


「なかなか治らないニキビをお持ちのあなたへ」

(情報提供:山田先生)

繰り返しできる不安定な大人ニキビをお持ちですか??

それは、おでこ~鼻のTゾーンや頬やあごのフェイスラインなど思春期ニキビとはその原因もケア方法も大違いなんです。

初期段階の白ニキビから、悪化してしまった赤ニキビ、しこりニキビまでしっかりケアしてキレイに治しましょう!

アゴやフェイスラインなどにできるニキビはホルモンバランスの乱れが原因です。

 

皮脂が多い10代~20代前半は、Tゾーンや頬にニキビが出やすいですが、ある程度、年齢がいってもおでこや頬などにもできてしまうなら、それは乾燥とスキンケアの油分過剰が原因かもしれません。

 

年齢的にはもうTゾーンの皮脂などは減っていっていいはずなのにニキビができるのは、バリア機能を低下させるようなスキンケアの仕方に加え、クリームやオイルの塗りすぎや、マッサージが原因になることもあります。

スキンケアのやり方を見直したほうがいいでしょう。

 
 


自分がインナードライだと気付かずに、クリームやオイルを多量に使っていると、ニキビができてしまうんです。

 

ニキビが出やすい方は、まずは化粧水や美容液の段階でセラミドやアミノ酸といった天然保湿因子、つまり角質層の主成分や細胞の機能を高める成分、炎症を抑える成分をたっぷりと入れて保湿をしっかりしてあげることが大切です。

その上で、最後に軽めに油分で膜を張ってあげるとニキビができなくなります。

 
 

クリームやオイルを全体に使うのを避けて、ゲルや乳液で保護をし、ニキビが出ないとこだけに油分をプラスするケア方法を試してみてください。

 

あとは、かゆいニキビと痛いニキビを経験したことはありますか?

ニキビができても病院に行く時間が取れない人などは、市販薬に頼りたくなると思います。

逆に塗ったらひどくなったなどと話題にのぼりますが……。

その代表例としてオロナインが有名ですが、オロナインの主な成分は、クロルヘキシジンです。

消毒液と同じ成分なので、かなり軽いニキビなら引くこともあるでしょう。

しかし、”痛いニキビ”にまでなってしまったものに関しては逆に炎症を悪化させる恐れもあります。

しっかりと専門家に診てもらうことが大事です。

ニキビがヒリヒリ痛いのもツライですが、かゆいのもまたツライものです。

 
 

特に背中ニキビなどは、手が届かずにイライラしたりします。
実はそのかゆみ、ニキビが原因ではないかもそれません。

 

というのも、ニキビがかゆいケースと、肌の乾燥やアレルギーなどで肌がかゆいケースがあるためです。

自分のかゆみがどっちのケースかをまず見極めたいですね。ニキビに強い赤みがある、膿があるような炎症がひどい場合ですと、細胞からヒスタミンが出やすくなって、まわりの神経に作用するので、痛みやかゆみを伴うことがあります。

しかし、炎症が軽いニキビはかゆみが出にくいので、”白ニキビなのにかゆくてたまらない”といった場合なら、化粧品や花粉などのアレルギーや、乾燥肌を疑ったほうがいいと思います。

アレルギーだったら、原因を取り除くことや飲み薬・塗り薬を使用する、乾燥肌だったら保湿剤を塗ったりスキンケアの見直しをするなど、対処法が変わってきます。

自分のかゆみがどれに当たるのか、まずはそれを知ることが大切です。

そこで整体や美容鍼を普段のセルフケアに合わせると、自身の自然治癒力が最大限に発揮されるので、ニキビもすぐ良くなりますし、他の肌荒れの症状も良くなっちゃいますよ!

是非お越しください!!

ニキビも含めて肌荒れを良くするには栄養管理が必要になります。

次回はその話をしていきたいと思います!

 
 


>>あなたはお店選びでこんな間違いをしてませんか?

 


>>山田先生の紹介はコチラ

 

>>関連の次の記事に進む:【アンチエイジングに逆効果!?トレーニング後のやってはいけないご褒美とは?】

>>関連の前の記事に戻る:【足の裏がベターっとなっている人は全身のバランスが崩れる危険!?足裏の「三つのアーチ」とは?】


>>私達はどのように始まったか。