「ツボとは?」


「ツボとは?」

(情報提供:筱田先生)

渋谷メディカルの石崎です。

どうやら梅雨にも入ったようで、身体の不調も起きやすく嫌な時期になりましたね(-_-;)

こんな時こそ、運動をして汗を流すことで疲労回復もしますし、体調管理にもなるのでやっておきましょう。

今日は筱田先生にツボに関してお話しいただきます。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ちょっと今日は少しいつもとは違ったお話をします。

「肩こりにはこのツボを押すといい」とか「マッサージがうまい人はツボがわかってる」とか、よく色々なシーンで聞きますが、実際ツボってなんでしょう?

〈ツボとは〉
東洋医学では、ツボのことを「経穴」といいます。

 

この「経穴」同士がつながる線を「経絡」といいますが、このライン上を「気」というものが流れていると言われます。

この「気」というのは目には見えない一種のエネルギーみたいなもので、これが絶えず流れることで生命は活動することができます。

「経絡」は体表面だけでなく体内へも入り込んでいき、内臓にもつながっているため、経絡上の「経穴」を刺激すると内臓にまで影響を及ぼします。

なので「胃に効くツボ」なんかが存在するのですね。

 

〈どういうのがツボなの?〉
実はツボって人によってあったりなかったり、体調によって出たり出なかったりするんです。

 

ツボは体の状態を表す「反応点」というとわかりやすいでしょうか。
例えば、胃が疲れると胃のツボに反応が表れます。

ではどんな反応が表れるのかというと、
「ゴリゴリの筋がある」「冷えてる」「凹んでる」「触ると気持ちいい、または痛い」など他の組織とは違った感覚や感触になっています。

そういった反応点であるツボをうまく刺激すると、そこが楽になるだけでなく、そこと関連しているところも楽になったりします。

流れが滞った「経穴」を刺激することにより、「経絡」の流れがスムーズになるため、全身に作用するわけです。

さて、よく聞かれるんですが、北斗の拳で秘孔というものを突くと破裂したりしますが、あれもツボか?ということなんですが(笑)、多分同じような概念なのではないかと思われます。
架空のものではありますが作者は経絡秘孔とおっしゃっており、実際の経穴の名前も出てきます。

ツボは治療点であるのと同時に弱点であったりするので、むやみに強く刺激すると悪い作用も生じます。

ですので、気持ちいいからといって強く押したり揉んだり硬いものでグイグイやったりしすぎないでくださいね!

突然破裂するかもしれませんので、、、(笑)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

なるほど、意外と知られてない貴重な情報で面白いですね。

最後のボケは完全に無視してもらって大丈夫です!

ではみなさん、体調を崩さないようにしてください。

 


>>筱田先生の紹介はコチラ


>>関連の次の記事を見る:【リバウンドしにくい身体のその後】


>>関連の前の記事に戻るる:【意外な喜びの声④ 2サイズアップ】


>>「恐ろしいチェーン店の実態とは?」


>>あなたはお店選びでこんな間違いをしてませんか?