「O脚の改善で起こる副作用とは?」


「O脚の改善で起こる副作用とは?」

(情報提供:渡辺先生)

 

お疲れ様です。

渋谷メディカルの石崎です。

季節の変わり目ですが、体調崩していませんか?

私は急性胃腸炎が長引いて非常に弱ってしまいました・・・(汗)

皆さんも特に胃腸には気を付けてください(笑)

本日は渡辺先生のお話しです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

様々な症状を診させていただいていて、症状が改善されていくと副作用でお身体に思わぬ変化が出てきます。

今回はO脚の改善で起こる副作用です。


そもそもO脚の方は皆さん、足の外側に重心がズレています。

 

ですので太ももの外側は常に張ってしまうので、日常生活の動きがそのままスクワットをしている状態です。

ですから自然と太ももの筋肉が強くなって太くなってしまいます。

 


太ももだけでなく、お尻の外側も同様の事が起こります。

 

ですのでO脚が改善されると、太ももとお尻の外側の筋肉に余計な負担がなくなります。

そうすると使われなくなった筋肉は落ちてきますので、太ももが細くなりヒップラインもキレイになっていきます。

筋肉が落ちると言っても、不必要な筋肉が落ちるので健康には問題ありません。

もしあまりO脚が気になっていなくても、タイトなパンツを履く時に太ももの外側が気になる方はご相談ください。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

O脚によって筋肉に負荷がかかるので足が太くなるというのは意外と気づかないですね。

骨格が正しい位置にならないことによって余計な負荷が身体にかかるものなんですね。

もし自分がO脚かもしれないと思ったら一度、診断を受けてみてください。


>>国家資格者による整体を受けてみる

 


>>関連の次の記事を見る:「足にぷっくりとした瘤(こぶ)が??」


>>関連の前の記事に戻る:「症状がある場所に原因はない!?」


>>「恐ろしいチェーン店の実態とは?」


>>あなたはお店選びでこんな間違いをしてませんか?