「女性のトレーニングの効果が上がる時期はいつ?」


「女性のトレーニングの効果が上がる時期はいつ?」

(情報提供:渡辺先生)

今回はトレーニングをする女性には重要な、月経周期に合わせた効果的なトレーニングのお話です。

女性は生理の時期によって、トレーニングの効果に差が出るのはご存知ですか?

 


実は月経中にトレーニングをするよりも、生理後の卵胞期はトレーニングの効果が上がるんです。
 

卵胞期の1週間が終わると、排卵期に入ります。

排卵期は、特に”ミトコンドリア”を多く必要とする時期なんです。

ミトコンドリアは、エネルギー物質である”ATP”を作り出す器官で細胞の中にあり、卵巣や筋肉にたくさん存在しています。

この排卵期に無理にトレーニングすると、筋肉に全部ミトコンドリアを持っていかれてしまいます。

その結果、無排卵や排卵障害が起こって不妊になりやすいので、排卵期にはなるべく激しい運動は避けて、エネルギーが卵巣に行くように、お休みしたほうがいいと思います。

体の巡りの滞りは、むくみにもつながりますので、動くのであれば、軽いストレッチで滞りを促す程度にするのが良いと思います。

排卵が終わると次は、プロゲステロンが分泌する黄体期に入ります。

プロゲステロンも、エストロゲン同様に女性ホルモンの一つです。

プロゲステロンが多いと、水分をため込みやすくなり、体重も増えやすくなりますし、新陳代謝が遅れてしまうんです。

本来、黄体期は妊娠を維持するための期間で、その時期に分泌するプロゲステロンは、水分も栄養もためようとするのです。

黄体期はため込む時期なので、この時期は体重を量って『痩せないな』とか『増えた』とか一喜一憂せず、結果を求めるよりも維持することを考えられると良いと思います。
 

生理の際の変化女性ホルモンの変化を知って、賢くトレーニングしましょう!

 
 


>>篠田先生の紹介はコチラ

>>関連の前の記事に戻る:「運動不足による健康被害」


>>私達はどのように始まったか。