【”夏は痩せやすい”は間違い?夏ダイエットにひそむ3つの落とし穴】

【”夏は痩せやすい”は間違い?夏ダイエットにひそむ3つの落とし穴】

(情報提供:渋谷メディカルボディケア 渡辺先生)

「夏は暑くて汗もかくし代謝が上がって痩せやすいはず!」そんな風に思っていませんか?それよりも、もっと大事なことを見落としていませんか?

それを認識出来ていない人はダイエットの落とし穴にはまってしまうかも……。

確かに夏は気温も高く代謝が上がりそうなイメージがあるため、ダイエットの結果が出やすいように思えてきますよね。

でも実際には、そうとは限りません。

夏ダイエットに潜む3つの落とし穴をご紹介します。

①:冷たい飲み物を多く飲んでしまう

②:お風呂に浸からず、シャワーで済ませがちになる

③:エアコンで冷え過ぎ、逆に暑さを我慢しすぎて体温調節が難しい

これらに共通するのは「ストレスを感じやすいという事」さらに「腸を冷やしてしまう」ということ。
これは腸や、脳にとってマイナスになってしまう行為なのです。

ストレスがかかる食生活や運動ではダイエットの良い結果は得られないことがわかってきています。

好きなこと・続けられそうなことを選んで、ストレスがかからない環境で心と体を心地よい状態に整えることが、ダイエットにおいて最も重要なことなのです。

そして「腸」が健康になることでメンタルも安定して、ダイエットも継続しやすくなります。

これは近年話題になっている『脳と腸は血管や神経を介して繋がっていて、相互に影響し合う』という脳と腸の相関の考え方に基づいています。

腸内細菌のはたらきが活発になると、食事から摂取される必須アミノ酸というものから「幸せホルモン」と呼ばれるセロトニンのもとになるものが作られて、それが脳に届くとセロトニンとなり、リラックスや幸福感などの感情を発生させると言われています。

この事から、腸内環境が悪いとセロトニンが足りずにイライラや不安を感じるの原因になるといわれています。

つまり、腸内環境の状態は、メンタル面に影響を及ぼすと言うことです。

では腸の健康をどのように保てば良いのか、その方法をご紹介します。

①.冷たい飲みモノは温かいモノとセットで飲む

腸を冷やしすぎないようにすることが、痩せる秘訣です。

冷たい飲み物は腸内を冷やしてしまうので、冷たいモノは温かいモノとセットで飲みましょう。

②.必ず湯船につかる

入浴時はシャワーだけで済まさず、かならず湯船につかりましょう。

湯船に浸かる事で副交感神経が優位になり、脳や自律神経が整うと言われています。

逆にシャワーは交感神経を優位にしてしまうと言われていますので、湯船に浸かることで、脳と腸の両方から、ダイエットに最適なコンディションを整える事ができるでしょう。

3.腸を冷やさない+快適な空間

エアコンの温度は27度に設定するなどして”快適な空間と、腸を冷やしすぎない”事を意識しましょう。

暑すぎてもストレスにつながり、いい影響を与えないため、腸を冷やさない程度に調整することが大事です。

4.脳腸エクササイズ

脳と腸は密接に連動しているので、健全な精神は健康的な腸内環境を生み、よい連鎖となって健康的になっていきます。

(1)ねじる・のばす・反るなどのストレッチ

ねじる・のばす・反るなどのシンプルなストレッチで、腸に対して外側からの刺激で活発に動かします。

コツは呼吸は意識的にゆったりと、精神を落ち着けながら行うこと。

日常生活でも例えば、メイク中にちょっと離れた所にあるティッシュケースからティッシュ取る瞬間などちょっとした動作のときに、腸を意識しながらねじったり、伸ばしたりすれば簡単に実行できます。

(2)逆立ち

逆立ちもダイエットエクササイズになります。

年齢と共に下がりがちな内臓を正しい位置に戻すことによって、腸の動きも良くなり、ボディメイク効果が期待できます。

壁を利用するとよいでしょう。


>>渡辺先生の紹介はコチラ


>>私達はどのように始まったか。