5分間のストレッチで肩こり緩和!」

「5分間のストレッチで肩こり緩和!」

(情報提供:濱村先生)

慢性化した肩こりは、自分でストレッチやお風呂などに浸かるなどしても、良くなりません。

何故ならば、その原因となっているものを根本から治さない限りはその場限りの対処療法にしかならないからです

慢性化肩こりの原因を解決する、5分で出来る「ながら」ストレッチをご紹介します。


①肩こりがなぜ起きてしまうのか

現代人はパソコンやスマホの操作で猫背になったり下を向いている時間が長いです。

その中で様々な要因が重なり、それが表面化して症状として出てくるのが肩こりです。

慢性化してしまった肩こりは、マッサージしたり温泉に浸かったりしても

楽になったように感じる事もありますが、実際はその場しのぎの対処療法にしかなりません。

本当に大切なのは、根本の原因となっているものを変えていく事です。


②姿勢の悪さが1番の原因!

肩こりの原因として一番多いのが、巻き肩、猫背、などですが、

まとめると『姿勢の悪さ』ではないでしょうか。

情報社会になりパソコン・スマホを使う機会が増え、姿勢が悪くなる機会が多くなった事は、誰もが思い当たる節があるはずです。

総務省が平成29年に発表しているデータでも、1日に携帯を触っている時間の平均は125分。それに加えてパソコン作業が8時間以上になったりすると、生活の中で悪い姿勢を長時間続けていることになります。


3.1日5分のストレッチで酷い肩こりを予防しよう!

肩こりを治してく為には「姿勢から!」といっても過言ではないほど、肩こりと姿勢は密接な関係にあります。

しかし、いきなり「姿勢」を変えようと思っても、なかなか大変ですよね。

そんなアナタにも”簡単にできる”1日5分のストレッチをやりましょう。


4.1日1回、5分間のストレッチ!

STEP①
バスタオル、枕、クッションなど体の下に敷けるものを用意します

(以後クッションと表現します)

STEP②

床にクッションを敷いて、胸の下に当たるようにして仰向けに寝ます。

高さがもっと欲しい場合は複数重ねたりバスタオルや布団をたたんで使ってもOKです。

STEP③

息を吸いながら背伸びをしましょう。

この時、手足を思いっきり伸ばし、体を綱引きのようにするイメージで伸ばします。

そのままゆっくり息を吐きます。

胸の下のクッションが自分の胸を広げてくれるのを意識しながら深呼吸しましょう。

これを繰り返し行なっていくことで、体が楽になっていきます。

楽になってきたら、クッションを外して、少し休みましょう。

腰に違和感やハリ感が残る場合は、体を揺らしたり、膝を立てたりすると腰が楽になります。

自分がちゃんとできているか、鏡で自分の姿勢を確認してみましょう。

鏡に対して横向きに立って、耳と肩が同じ位置にあれば良い姿勢です。

たいていの場合は、思っている以上に丸まってしまっていることに気づくはずです。

上記のストレッチを鏡で見て、やる前、やった後で比較するとよりわかりやすいですよ!

ぜひ、確認しながらやってみてくださいね。

予約はコチラから


>>濱村先生の紹介はコチラ

>>関連の次の記事に進む:【背骨の動きが硬いと妊娠に影響!?姿勢と女性ホルモン分泌の関係とは?】


>>私達はどのように始まったか。